体験談:不眠症が治った

物心がついたころから寝つきが悪く、ベッドに横になってから1時間、2時間、、、時間だけが過ぎていく。朝方まで眠れないこともよくありました。

ぐっすり眠って疲れを取りたいのに眠れない。明日は辛い一日になりそうだと心配になって余計に眠れなくなる。

そんなことが何十年と続いた私ですが、現在は不眠であることを意識することなく朝まで眠れるようになりました。

この記事では、不眠症が治った体験談をご紹介します。

眠れないという苦しみ

ベッドに横になっても2~3時間は寝付けなかった。右を向いたり左を向いたり、うつ伏せになったり、体勢をいろいろと変えてみるけど寝付けない。

翌日が辛くなるから早く寝たいのだけど、そう思えば思うほど眠れなくなって焦る。翌日のことが心配になってネガティブな気分にもなる。

ぐっすり眠ってちゃんと回復したいのに眠れない。仕事にも影響が出るので、社会人になってからは薬を飲んでた。

薬をやめたら眠れた

とあるお悩み相談会で不眠症で苦しんでいることを告げたら、

もう薬は飲まないように!

とアドバイスをいただいたので、その日の晩から薬を飲まずに布団に入った。

薬を飲まずに眠れるわけないよな・・・と全く期待してなかったけど、ハッと目が覚めたら窓の外が明るくてビックリした。

眠れちゃった・・・

それからは眠れたり、眠れなかったりを繰り返しながら、徐々に寝つきは良くなっていった。薬をやめたことでなぜ眠れるようになったのか?

ずっと不思議だったけど、森田正馬さんの本を読んで納得した。

眠ろうと頑張りすぎてた

そこには次のようなことが書かれていた。

「いくら不眠でもかまわない、薬をのんだり、眠る工夫をしたりしてはいけない」ということを実行したために、さっそくその晩から安眠ができるようになった、ということであります。

森田正馬 自覚と悟りへの道 P188より

つまり、薬を飲んだり体勢をあれこれ変えたりして眠ろう眠ろうと頑張っている間は眠れない、ということ。

睡眠とは無意識の状態でありますが、眠ろうと努力することは意識の活動する状態でありますから、眠ろう眠ろうと努力する間は眠れないわけです。

森田正馬 自覚と悟りへの道 P246より

今思えば当たり前のことなのだけど、当事者になってみると分からないものです。もう当たり前のように「眠らないと!」と無意識のうちに頭を働かせて、自分で眠らせないようにしていたとは目から鱗でした。

また、別の著書には

強いて忘却しよう、睡眠しようとあせったり、あるいは精神活動を抑圧しようとすれば、かえってますます精神の反抗作用を起こし、考慮の葛藤を生じて、その目的と反対の結果を来すようになるものである。

森田正馬 神経質の本態と療法 P100より

と印象深い言葉がありました。

心を抑えつけようとすれば、作用反作用の法則のように余計に心が暴れだしてしまう。気にしないようにしようとするほど、気になってしまうのも同じ。めっちゃ気にしよう!と思うと気にならないものです。

まとめ

不眠症が治る前と後での考え方の違いをお伝えしました。睡眠という行為を必要以上に意識することなく、自然に任せるのがおすすめです。眠れないからと言って眠ろうとするのは逆効果なのです。

歯医者で口を開けたまま眠ってしまう、超寝つきのいい妻にアドバイスを求めたら、

  • 考えても仕方ないでしょ!
  • 頭を真っ白にしなさい!

とのことでした。考えすぎる自分には、これ以上のアドバイスはないかもしれません。

以上、不眠で悩んだ体験談でした。

タイトルとURLをコピーしました