視線恐怖を発症したきっかけから治癒までの体験談

2018-02-01

中学の時に視線恐怖を発症してから30年、人生の多くの時間を「悩み」に費やしてしまった。同じ思いをお持ちの方に伝えるべきことは何か。自分なりに考えて、気になるようになったきっかけ、苦しんだこと、治った経緯を体験談という形でお伝えできればと記事にまとめました。

視線恐怖のきっかけ

気になるようになったきっかけは、塾でのささいな出来事でした。授業中にいつも通り黒板を見ていたら、

あ、こっち見てる!

と右後ろから声が聞こえた。何だろう?と振り返ったら、その声の主と目が合った。

おん?れ、見てたかな・・・

なんかよく分からないな、というのが始まり。あまり話したことない人で、授業中だったこともありそのまま。前を向いているのに「後ろを見てる」って言われたことが心の片隅に残り、モヤモヤした。

その後、ふとした瞬間に思い出しては、目の向きや視界を気にするようになった。

具体的な症状

視界の右側を意識し始めたら、左側まで気になりだした。ちゃんと黒板を見て左右を見ないように!と余計な意識が頭の中を駆け巡るようになった。さらには脅迫観念のように「横を見てはいけない!」と考えるようになって、眼球の動きを逐一コントロールしようとした。

でも横を見てはいけないと思うほど、見てないかチェックするために視界の両サイドに意識が向いてしまう。そして見えていると「ああ、また見ちゃってる・・・」と自己嫌悪に陥るのでした。

常に眼球に力が入っているので意図せず変な目つきになっちゃうし、とにかく疲れる。目の下にはクマも出来てさらに変な目つきになって、悪循環から抜け出せなくなってしまった。ネットもない時代だったので、検索して何かしらのヒントを探すことも出来ない。

視線を気にする自分を恥ずかしく思い、そんなことに苦しむ自分を隠すことに気を使った。電車ではいつも下を向いて寝たふりして、駅に着くとパッと目覚める不思議な人。教室で黒板を見るときも必要最小限にして、隣や斜め後ろの同級生から変に思われないよう気を使った。

街中ではすれ違う人みんなに笑われているように感じ、ひそひそ話しているのを見かければ自分を侮蔑しているのだろうと嫌な気分になった。

苦悩する自分に違和感を感じる友達も出てきた。その数は次第に増え、学校に居場所がなくなってきた。先生に相談しても「???」という感じで分かってもらえない。こんな特殊な悩みは、誰にも理解してもらえない。孤独で辛い日が続いた。

視線恐怖と仕事と

こんな状態のまま、何とか大学院まで修了できた。学生時代は一人暮らしだったので、部屋にいる間は視線を気にする必要がなかった。バイトやゼミにも精を出し、それなりに大学生らしい生活を送れた。ジョギングをしてストレスの発散にも心がけ、マラソン大会にも参加した。

大学院では学会で発表もこなし、就職活動も全社内定をいただけた。このままの調子で仕事に熱中すれば、もう気にならなくなるのではないかと期待して入社した。朝から晩までデスクワークと打ち合わせをしているうちに、中高時代の感覚が徐々に戻ってきてしまった。

横を見ないように!という意識が強くなってしまい、次第に仕事に集中できなくなった。社内向けのプレゼンでも自信のなさが出てしまう。他部署の方々の視線を一斉に浴びると、うまく乗り切らないと!と余計な力が入って頭が真っ白になった。下手な説明に「こりゃダメだ」と見切りをつけられて、次々と離席されてしまう。

「このストレスさえ消えれば、思いっきり集中できて結果も出せるのに!」

そんな思いが日増しに強くなった。そして

「まずは治そう!」

と職場の産業医に相談した。提携している心療内科を紹介されて、定期的にカウンセリングを受けるようになった。

カウンセリングで治らず

これでもう治るぞ!と喜んだ。適切なアドバイスを頂けて、その通りに行動していけば治るのだと思い込んでいた。実際のカウンセリングは、ひたすら私の話を「そうだったんだ、そうなんだね」と聞いているだけ。

視線恐怖になったあの頃に戻れたら、視線恐怖でない人生だったら、そんなタラレバを愚痴のように言ってたように思います。今思えば、愚痴ばかり聞かされたカウンセラーも迷惑だったでしょう。

自分としては何でも話が出来るという安心感はありましたが、解決に向かっているという実感がない。治療のためにカウンセリングを受けているのに、お喋りして終わってしまうことに不満を感じてました。定期的に通いましたが混乱した頭の中が整理させることはなく、1年くらいで辞めてしまいました。

保険が効かなくて高額だったことも中断を後押ししました。一方、心療内科で処方してもらった薬を飲んでも頭がぼーっとするだけで仕事には集中できず、治ることもない。

仕事も治療も思うようにいかずに悩みました。会社としても、結果を出せない社員を雇い続けるのは周りの社員にも悪影響です。上司と相談して退職し、心機一転して治癒を模索することにしました。すでに結婚はしてて、子どもを保育園に預けての共働き家庭だったのでパート勤務をしつつ家事育児をすることになった。

治るまでの経緯

これまで妻にお任せしてた家事育児。一転して自分が子育てに追われる日々になった。ギャーギャー泣く乳幼児に、こちらのお悩み事情が通じるはずがない。刻々と変化する乳幼児のご機嫌に対処するために、抱っこしたり、オムツを変えたり、着替えさせたり。ミルクを作って、離乳食を作って食べさせてと必死だった。

寝かしつけてるつもりが、自分が寝落ちしてしまうこともあった。自分の時間が全くなくて大変だったけど、意外なことにこれが効果絶大だった。悩んでる暇がなかったので、いつのまにか心が軽くなってた。

退社したばかりの頃は何事も億劫で、洗濯が終わって「ピロリロー♪」と鳴ってから干し始めるまでに1時間かかり、着替えて買い物に出かけるまでにまた1時間と、無駄な時間だらけ。それがいつの間にかテキパキと行動できるようになってた。

一日のうちに出来ることが増えて、身も心も軽くなってきた。そして子育てにも慣れて余裕が出来ると「この調子だ!」と瞑想やスピリチュアル教室に通うようになった。

瞑想やスピリチュアルに対する期待が大きすぎたのか、思ったような結果は得られず。その後、偶然出会った森田正馬著「自覚と悟りへの道」を読んだら悩みの原因がハッキリと自覚できて、目が覚めたように軽快した。

誰でも多少は視線が気になるものだし、視界が左右に広がっているのも正常なこと。つまり病気ではなかった。だから治す薬も治療法もあるわけがなかった。自分は病気だ、異常だと思い込んで苦しみ、さらに正常に見せようと苦しんでいた。

つまりは自作自演の悩み、苦しみだった。視界を操作しよう、印象を良くしようと無駄なことにエネルギーを使っていた。余計な気遣いのない、自然な目線を取り戻すまでに30年以上かかってしまった。

まとめ

以上、視線恐怖になったきっかけから完治までの体験談をお伝えしました。同じように悩まれているのであれば「自覚と悟りへの道」をおすすめします。別の記事にも書きましたので良ければ目を通してください。

体験談

Posted by 無限ゼロ