【体験談】視線恐怖になったきっかけから治るまで

2018-02-01

「視線恐怖」というタイトル文字と緊張している男性のイラスト

視線・対人恐怖になったきっかけと、治るまでの体験談をお伝えします。

同じように悩む方の参考になれば幸いです。

視線恐怖歴30年

人生の多くの時間を、「悩み」に費やしてしまった。常に気になってたので、ストレスや疲労感も多かった。同じ思いの方には、少しでも早く治って欲しいです。

視線(脇見)恐怖になったきっかけ

中2の時、塾での出来事がきっかけだった。いつも通り黒板を見ていたら、

あ、こっち見てる!

と右後ろから声がした。振り返ってみると、その声の主と目が合った。

おれ、見てたかな・・・

見てた自覚はなかったけど「見てる!」って言われ、強く心に残った。その後、ふとした瞬間に右側を見てないか気にするようになった。見ていないと安心した。

横を見てはいけない!と思い込んだ

最初は右側だけだったのが、左側も気になりだした。左右を見ないように!と思うほど左右が気になる。眼球を正面に向けようと力が入って、意図せず変な目つきになってしまう。目の下のクマも変な目つきを助長した。

ネットもない時代、検索して調べることはできない。視線を気にしてモジモジする自分が恥ずかしくて平静を装う。

電車ではいつも下を向いて寝たふり。駅に着くとパッと目覚める人。教室で黒板を見るときも、隣や斜め後ろの同級生から変に思われないよう目のやり場に気を使った。

街中ではすれ違う人みんなに笑われているような気がした。ひそひそ話しているのを見かければ、自分の噂話をしているように感じた。

目のやり場を常に意識して疲れた。そんなやつれた自分を映す鏡も嫌いになった。

苦悩する自分に違和感を感じる友達も出てきた。その数は次第に増え、学校に居場所がなくなってきた。先生に相談しても「???」という感じで分かってもらえない。孤独で辛い日が続いた。

なんとか大学院まで修了し、社会人になったら朝から晩まで苦痛になった。耐えられなくなって職場の産業医に相談し、薬を飲むようになった。ボーっとして苦しみが緩和するように感じるが、仕事に集中できない。

この調子だ、快方に向かっている!という希望が持てずに退職。すでに結婚して子どもがいたので、パートをしつつ家事育児をすることになった。

子育てに追われてるうちに治ってた

ギャーギャー泣く乳幼児に、こちらの事情は全く通じない。ひたすらおむつを替え続け、離乳食や料理を作り続け、掃除・洗濯をし続けた。公園デビュー、パパ会、学校行事、地元の集まりと初体験なことばかり。

でも、今思えば、これが良かった。

目の前のことを必死にこなしているうちに、いつの間にか病気への意識が薄れてた。気にしなくなってる自分に気づき、薬も不要になった。ただ漠然とした緊張や不安は残っていたので、瞑想教室や投資学校、スピリチュアル教室で不安を消し去ろうとした。

しかし何も変わらない。

その後、偶然出会った「自覚と悟りへの道」を読んだら目が覚めたように完治した。最初の出来事から実に30年以上たってた。

治った視点での振り返り

治った視点で視線恐怖を振りかえって分かるのは、「病気だから治さねばならない」という思いに囚われてたこと。視界の横が見えてしまうのは当たり前なのに、見えてはいけないと一生懸命に視界を狭めようとしてた。

動きのあるものが視界に入るのは当たり前だし、見えるのも当たり前のことなのに、それが病気だと思い込んでしまった。今思うと本当に不思議で、タヌキとかキツネにでも騙されていたかのよう。

実際には、自分で「自分は病気だ」と洗脳してただけだった。目からウロコが落ちてしまえば、誰でも私のようにあっけなく変わる時が来る。

まとめ

視線恐怖になったきっかけから完治までの体験談をお伝えしました。病気だという思い込みから抜け出すことが出来たら、あっけなく治った。

同じように悩まれているのであれば「自覚と悟りへの道」をおすすめします。

過去

Posted by 無限ゼロ