30年来の対人恐怖が解消できた本を紹介します

2016-07-24

女性が寝そべって読書しているイラスト
本を読んで悩み解消した

人間関係は苦手で、人付き合いは気を使うから好きではない。さらには視線を気にする自分が嫌いで、どうしたら普通になれるのかと悪戦苦闘すること30年。

長すぎて人生の折り返し地点も過ぎてしまった。

そんな私の思考パターンが1冊の本でガラッと変わった。大嫌いだった自分をそのまま肯定できて長かった戦いに感謝できるようになった。一体何が起こったのか?

従来の思考パターンが崩れ落ちた本

ご紹介するのは、森田正馬の「自覚と悟りへの道」。神経質の治療法を生み出した森田正馬医師の知見が、患者さんとの問答形式でまとめられている。

初めて読んだ時、「そうだったのか!」と頭の中に衝撃が走った。

病気ではなかった!

心の底から喜びを感じた。病気でないのに病気だと苦しむ、自分の心の構造が明らかになってスッキリした。

本を読んで気づいたこと

ひと言でいうなら、「そのままでよかった」となる。「自覚と悟りへの道」を読んで、完全に間違っていたことに気付いた。まず「病気だ」という前提が違ってた。

間違った前提から導き出された、「治さなければならない」「変わらなければならない」などはすべて勘違いだった。

頭の中が一気に崩れた。病気でないものを治す薬なんてあるわけない。全く必要なかった。心の平安が目的であるなら、自己啓発もスピリチュアルも不要だった。

  • 人前で緊張する、
  • 人付き合いで気まずくなる、
  • 他人の視線が気になる、
  • 他人の評価が気になる

など人間なら誰しも感じること。心の自然反応であって病気ではない。それを「病気だ、恥ずかしい」と勘違いして、消そうと隠そうとして逆に不自然になってた。

瞑想しても、意識をやりくりしても、スピリチュアルを学んでも、アファメーションを唱えても、心の自然反応が消えるわけでもない。今思えば当たり前なことだけど、悩みに囚われている間は分からなかった。

勘違いから目覚めた

この勘違いから目覚めたら、心の相手をする必要がなくなった。

自己啓発に注ぎ込んでたエネルギーを他に使うようになった。まず部屋の中がキレイさっぱりした。不用品を処分し、ハウスクリーニングを頼み、自宅が快適になった。家族や両親とも楽しく過ごす。

一時期、悩みの根本原因は家庭環境ではないかと疑ったこともあったけど完全な勘違いだった。

食事のとり方にも気を使えるようになって、心身ともにスッキリとした。バリバリ行動できるので、これからの人生が本当に楽しみ。

目次のご案内

自覚と悟りへの道の目次は以下の通り。

1.神経症の正しい理解と治し方
  (1)対人恐怖はこうして治る
  (2)とらわれをなくする方法
  (3)不眠症は簡単に治る
  (4)読書恐怖、書痙、どもり恐怖
  (5)夢の状態に似た神経症
2.自覚と悟りのために
  (1)正しい修養と正しい信仰
  (2)調和と適応の生活
  (3)感情の上手な処理法
  (4)倉田百三氏の体験を中心に
3.あとがき

自覚と悟りへの道より

気になる節があれば、そこだけでも読んだ方がいい。

まとめ

人間関係が苦手で視線が気になる・・・この30年来の悩みが、自覚と悟りへの道を読んだことで、ズバッと解消できた。高額なセミナー代や医療費を払い続ける前に、ぜひ読んで欲しい。

悩む心の構造をハッキリと捉えられるので、読み終わるころにはスッキリしているはず。他の本はメルカリで売っても「自覚と悟りへの道」だけは繰り返し読んでいます。

おすすめ

Posted by 無限ゼロ