穴場スポットを訪問:横浜港シンボルタワー

2018-09-08

横浜港シンボルタワーの外観

人が少ない穴場スポット、横浜港シンボルタワー。コロナ禍でも気軽に訪問できる。

横浜港シンボルタワー見学

横浜港シンボルタワーは本牧海釣り施設の奥、工場地帯を抜けた先にある。無料駐輪場があるので、車でもバイクでも自転車でも気軽に行ける。

シンボルタワーには中段の屋外展望台と最上階の屋内展望台がある。屋外展望台は、シンボルタワーをぐるっと一周。

週末の午前9時過ぎでも貸し切り状態。

横浜港シンボルタワーの屋外展望台
貸し切り状態の屋外展望台

潮風にあたりながら本牧ふ頭のコンテナ群を眺める。

横浜港シンボルタワーの屋外展望台から見たコンテナ群
本牧ふ頭ではコンテナの積み下ろし作業が行われていた

ベイブリッジもよく見えるけど、手前の鉄塔が邪魔。

横浜港シンボルタワーの屋外展望台から見たベイブリッジ
ベイブリッジ方面の眺め

シンボルタワー内も入場無料。ただし無人、階段のみ。

横浜港シンボルタワーの入り口と階段
シンボルタワーの階段

140段ですが手すりもあるし、幅も広いので小さい子でも大丈夫。近隣に少年野球のグラウンドがあるためか、
「スパイクシューズ禁止」という注意書きも。

試合前のウォーミングアップ、試合後のひとっ走りで登るのは禁止。

屋内展望台からベイブリッジを見ると、鉄塔も邪魔にならない。

横浜港シンボルタワーから見たベイブリッジ
屋内展望台からのベイブリッジ

大黒ふ頭方面を見ると、もうひとつの海釣り施設。

横浜港シンボルタワーから見た大黒海釣り施設
遠くに海釣り施設が見えた

本牧方面をみれば本牧海釣り施設。ここは夕方にアジがよく釣れる。

横浜港シンボルタワーから見た本牧海釣り施設
手前に公園が広がる本牧・磯子方面

駐車場もガラガラ。横浜港、公園内が一望出来て見晴らし最高。間違いなく、横浜港の穴場スポット。

気になったもの

シンボルタワー沿道で気になったものを3つご紹介。

大きすぎる側溝

本牧ふ頭の大きすぎる側溝
ロードバイクはタイヤが挟まりそう

網目の幅は、3cmはある。ロードバイクはハマってパンクしそう。ご注意を。

下向きの標識

うつむきの標識。 高さの問題でしょうか。

向きがおかしい標識
下向きの標識

立てかけられたトレーラー

レゴテクニックパーツ・・・ではなくトレーラー。

立てかけられたトレーラー
トレーラーが立てかけられてた

まとめ

横浜港シンボルタワー、人が少なくてコロナ禍でも安心。景色も最高で、小さいお子さんも安心。