【自分が嫌い】自分を許せない原因と好きになる方法とは?

2016-11-28自分自分が嫌い

私は自分が大っ嫌いでした。性格も、顔も身体も、癖っ毛な髪の毛も、低い声もみんな嫌い。もう好きなところはないくらい。さらに周りの人たちも世の中も、何もかもが嫌いでした。

そして毎日が辛い。「普通の人になりたい!」と涙をしたこともあった。そんな私の体験談と今の思いをまとめておきます。

自分を許せない原因は?

24時間、何十年と一緒にいる自分と仲良く出来ないと、心の中はいつも戦場のよう。あるべき姿の自分と今の自分との戦いが終わらない。

理想の自分と比べては、はみ出しているところ、足りないところに意識が囚われていた。そんな不完全な自分を変えるべく、セミナーに通い、自分磨きや自己啓発に取り組む日々。

なりたい自分になれない・・・これが苦痛の原因。そしてなれない自分を許せないのでした。

欠乏を埋めるため努力では幸せになれない

現実の自分は足りないところだらけ。

  • 世間を渡り歩く社会性がなくいつも不安
  • 日々を自由に過ごせる経済力もない
  • こんな私が受け入れられるはずがない

と足りないところに意識が向いていた。そして足りないところを埋めれば認めてもらえる!と思い込んで成功者になろうとしてました。

認めてもらうための頑張りって、認めてもらえなければ続かないもの。何をやっても中途半端になって、他の方法、他の方法とさまよい続けていました。

自分を見つめてわかったこと

お坊さんのイラスト

欠乏感や、劣等感に悩む自分の心を見つめ続けてわかったこと。それは、

  • 収入が少ないから・・・
  • 人が苦手だから・・・
  • 背が低いから・・・

と「〇〇だから■■」と決めつけていたのは自分だった、ということ。

例えば、

  • 収入が少ないから不幸だ
  • バカにされたから傷ついた
  • 病気だから出来ない、ダメだ

と。でも、収入が少なくても、バカにされても、病気でも、自分が不幸だと思わなければ不幸ではない、不幸と決めたから不幸なのだ!と気づいたのです。

これは大きな発見でした。「すべての答えは自分の中にある」といいますが、自分でどう決めたのか?が全てなのです。

自分を好きになる

誰でも自分と仲良くしたい。自分を好きになりたい。でも好きになれない。なぜ?

〇〇な自分が好き!と条件をつけてしまうから。それは現実には存在していない、理想の自分に恋をしている。頭の中の物語の主人公に恋をしているのです。

そんな非現実的なことはやめて、今の自分、

  • 心配性で悩んじゃう自分
  • 人見知りな自分
  • 収入の少ない自分
  • 身体の弱い自分

をまずは好きなってみてはいかがでしょうか?

嫌な過去を宝物に変えた方法

ネクタイの画像

筆者の場合、親を受け入れるのが難しく感じていました。しかしある時、

もしこれが完璧な出来事であるとしたら、そこから何が学べるか?どんなメリットがあるか?

と自分に問いかけたら、

  • 一人の時間が増えた:自分の好きなことが出来た
  • たくさん葛藤を感じた:内面を見つめて気づきを得た
  • 友達の親、理想の親と自分の親を比較した:客観的に親を見れた
  • 反面教師になった:自分の子どもと仲良く出来た
  • 親とはこうあるべきだという自分の考えに気づいた:理想を押し付けていた
  • 人を許すことを学ぶ:自分のものさしを捨てられた

と、最終的には感謝しかなかったのです。極端に思えるかもしれませんが、嫌な過去が、

自分の欲求どおりに動いてくれなかったことで自分の中に葛藤が生まれ、その葛藤に苦しんだことで学びを得られた!ありがたい!

と宝物になったのです。散々自分のことが嫌いだと悩んでいたのに、自分の人生の素晴らしさに気付かされたのです。

まとめ

ろうそくの明かりの画像

自分が大嫌いだった筆者が、心の葛藤と取り組み続けて気づいた、

  • 自分が嫌いな原因、
  • 認められるための努力ではダメなこと、
  • 自分で自分は不幸だと決めていたこと、
  • 嫌な過去を宝物に変えた方法

をご紹介しました。

2016-11-28自分自分が嫌い

Posted by 無限ゼロ