心を解放するブログ

本当の幸せを求めて

自分について

【自分が嫌い】自分を許せない原因と好きになる方法とは?

投稿日:2016-11-28 更新日:

こんにちは、無限ゼロです。以前の私は自分が大っ嫌いでした。性格も、顔も身体も、癖っ毛な髪の毛も、低い声もみんな嫌い。もう好きなところはないくらいでした。さらに周りの人たちも世の中も、何もかもが嫌いでした。

そして生きるのが辛いのです。毎日の生活が辛い。「普通の人になりたい!」と涙をしたこともありました。そんな私の体験談と今の思いをまとめておきます。

自分を許せない原因は?

私はずっと自分のことが嫌いで、居心地悪い日々を送っていました。24時間、何十年と一緒にいる自分と仲良く出来ないのですから、心の中はいつも戦場のよう。

あるべき自分像からはみ出しているところ、足りないところに意識が囚われてしいた。そんな凸凹の自分を本来のあるべき自分にするために、自分磨きや自己啓発に取り組み、セミナーに通う日々。

頭の中にある自分になれない苦しみ・・・これが苦痛の原因。そしてなれない自分を許せないのでした。

欠乏を埋めるための夢では幸せになれない

多くの人は

  • 成功してお金持ちになりたい
  • 理想の人と結婚して幸せな家庭を築きたい
  • 安心して老後を過ごしたい

と夢を持ちます。でもこの夢・願望の裏には、本音が隠されています。それは、

  • 成功してお金持ちになりたい
    今はお金が無いし、認められていない、社会的価値が少ない

  • 理想の人と結婚して幸せな家庭を築きたい
    今は幸せではないし、理想の家庭ではない

  • 安心した老後を過ごしたい
    今のままでは不安、なんとかしないと駄目だ

という本音。

今の自分を否定する要因である、お金や幸福の欠乏感、劣等感、無価値感を埋める状態を夢と勘違いしているように思うのです。自分を否定する要因がなくなったとして、果たしてそれで本当に幸せなのでしょうか?

欠乏感や劣等感は自分の外にあるのではなく、心の中にある意識です。これらの欠乏意識を抱えたまま欠乏意識を埋める状況を行動で実現させることは、大食いだけどスタイル抜群!と同じで有り得ないことなので、大きな苦痛が伴う茨の道となるのです。

万が一、幸福な状況となっても内面的な意識が変わっていなければ、すぐにまた元通りの状況に戻ってしまうのではないでしょうか?大食いであり続ける限り、一時的に痩せてもすぐにリバウンドするのと同じです。

つまり欠乏を解消するためには、大成功を目指したり、理想の人を探したりと外の世界を変えようとするのではなく、まずは自分の心の中の意識そのものを変えようと取り組む必要があるのです。

自分の意識を見つめ直すには過去を見つめる

パズルの画像

よく「答えはすべて自分の中にある」と聞きますよね。これは確かにそう。「あなたがどういう意識でいるのか」が答えであり、その意識はあなたの中にあるからです。

自分が嫌いと悩む理由は、自分のことをもっと好きになりたいから

だと私は思います。大成功している自分、理想の人と暮らしている自分は大好きになれそう。だから、成功したいし幸せになりたい。このようにもっと自分のことを好きになりたいのに「今の自分は嫌い、好きになれない」という苦しみなのです。

私の場合でいえば「両親がもっと社交的な人であったなら、私も社交的な性格になって楽しい人生を送れたに違いない!」という思いがありました。「もっと人のことを信じて、人のことを受け入れて、自分を守ろうなどと心の壁を作らずに、人間関係を心から楽しみたい!」と。

でも現実は、「心配性で、疑い深く、守りの意識。他人を否定することで自分を肯定する」ような性格で、わたしも随分と否定されたように思っていました。そしてその影響が強く出てしまった、、、そう思い込んでいたのです。「親の負の遺産を抱えた人間=わたし」というセルフイメージ、自己認識だったのです。

このような認識のまま、一生懸命に勉強しても仕事をしても恋愛をしても、自分の中の負の遺産は消えることはありません。日々努力をすることで一時的に押さえ込んでも何らかの拍子に火山が爆発するように噴出して、あっという間にいつもと変わりない自分に気づく・・・。

ですから、自分の中にある否定したくなる過去・意識と直接向き合って、それらは「負の遺産でも何でもない」と認識を変えるほうが良い。外ではなく内に取り組むのです。

そもそも否定したくなる過去だと決めているのはあなた自身であり、否定したくなる現実だと決めているのもあなた自身です。ここで、

否定したくなる出来事が、完璧な出来事であるとしたら、そこから学べることは何か?

と逆転の発想で過去を振り返ることで、自分を正当化したいという主観的な視点ではなく、客観的な視点から自分を見つめることが出来るようになります。

次に、私の場合でこの活用例を紹介します。

嫌な過去を宝物に変える方法:親のことが嫌いな場合

ネクタイの画像

「親となかなか話が合わない、上手く行かない」:もしこれが完璧な出来事であるとしたら、そこから何が学べるでしょうか?どんなメリットがあるのでしょうか?

  • 一人でいる時間、自分の時間が増える:自分の好きなことが出来る

  • なぜだろう?と心の中を見つめる、葛藤を感じる:自分の内面を見つめる観察力がつく

  • 他人の親、理想の親と現実の親を比較して学ぶ:客観的に親を見る

  • 自分が親だったらと想像する:子どもの気持ちがより理解できるようになる

  • 親とはこうあるべきだという自分の考えに気づく:理想の親を求めていた、押し付けていた自分に気付く

  • 人を許すことを学ぶ:親も人間であり、完璧ではないことを理解する

  • 親も自分もありのままでいいことに気づく:このような気づきを与えてくれた親に感謝できる

極端に思えるかもしれませんが、最終的には

この両親のおかげで内面を見つめ、学び続けることができた。そして自分も他人もありのままでいい、という気付きを得ることができた。エゴ的な幸せを満たすことではなく、もっと大切なことを両親から学ぶことができた。本当にありがたい!

という過去への認識になったのです。

同様に他人と上手く行かない場合にも、「理想のクラスメイト像」「理想の上司像」「理想のパートナー像」を押し付けることなく自分を正当化することなく、なにか大切なことを学ぶようにと導かれている可能性はないのか?と見つめ直すようになりました。

完璧な世界から学べることは、

  • コントロールを手放して、人生の流れに身を任せる
  • 欠乏を埋めるための夢や願望ではない、本当の願い
  • 自分の中の思い込み、押し付けに気付くこと
  • 他人に示す幸せではなく、自分を満たす幸せ
  • ありのままの他人、自分で生きていく
  • 「理想の未来」ではなく「今」と「今の自分」を大切にする

これらの学びの結果、自分のことがよく分かるようになり、他人のこともよく分かるようになる。

満たされた心で楽しそうに日々過ごしているあなたの姿を見た周りの人は、あなたが内面から輝いて見えるようになり、収入面でも出会い面でもうまくいくようになるでしょう。

自分を許せない原因と好きになる方法:まとめ

ろうそくの明かりの画像

いろんな経験や記憶から、日々、自分に「不合格」の烙印を押印し続けていたわたし。ダメだと決めつけていた。そして自分のことを好きになるために一生懸命に頑張っていたという自分の気持ちが理解できたことで自分を許し、自分を好きになるようにしました。

余計な意識を手放して、頭の中にある思考の縛りを解放して、まっさらな心で心地いい時間を日々積み重ねる。これこそが幸せな人生へと繋がる唯一の道ではないでしょうか?

今までの #人生最大の過ち は、現在の #自分を否定 して、自分の考える理想や希望を、他人にも自分にも押し付けて来たこと。

— 無限ゼロ (Infinite Zero) (@worldmech_labo) 2017年5月1日

#生きるのが辛い 時期、それは #否定 ぐせがついている時。

今をすべて #肯定 することからのみ、新しい人生が始まる。

— 無限ゼロ (Infinite Zero) (@worldmech_labo) 2017年6月28日

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピックアップ記事(一部広告)

  • この記事を書いた人

無限ゼロ

常に日焼けしている自転車乗り。スピリチュアル。プロフィール記事

-自分について
-

Copyright© 心を解放するブログ , 2018 All Rights Reserved.