腹ぺこダイエットで-19kg、リバウンドなし

高校から新社会人までは60kg前後と細身だったのに、気づけば90kg目前。ダイエットとリバウンドを繰り返した筆者がマイナス19kgをキープできている、腹ぺこダイエットをご紹介します。

過去のリバウンド地獄

まずこれまでのリバウンド歴を簡単にご紹介します。

⇒ ベスト体重60kg
⇒ 10年で88kg
⇒ 食生活を記録して22kg減の66㎏
⇒ 85kgにリバウンド
⇒ 走りまくって17kg減量、68㎏
⇒ 85kgにリバウンド

といった具合です。ダイエットは成功するもののどれも一時的。やめてしまうとすぐに元に戻ってしまいます。もう少し詳しくご紹介します。

記録し続けてダイエット

最初に22kgの減量に成功したダイエットは、記録しまくるダイエットです。毎日の体重はもちろん、食べたもの飲んだものすべてをノートに記録してました。きっかけとなったのは、こちらの本です↓

いつまでもデブと思うなよ
成功したダイエットの本

具体的には、

  • コーヒー1杯:30kcal
  • トースト1枚:180kcal

とこんな調子で、食べたものとカロリーをエクセルに記録して1日1800kcalとなるようカロリー計算しながら食べてました。

このダイエットのメリットは、食べ物のカロリーを気にするようになって「これ食べると残りのカロリーは・・・」と考える癖がつくことです。高カロリーな昼食を食べてしまうと夕食がショボくなって、悲しいので計算するようになるのです。

食べるものをよく吟味して計画的に食べる癖がつくと、無意識食いやドカ食いがなくなります。この結果、多少は上げ下げしながらも、体重は確実に右肩下がりとなっていくのです。

あまりに順調で周囲から「痩せすぎじゃない?」と心配されるほどでした。

しかし、このダイエットにも欠点があります。多忙になると記録をサボり始め、まあ少しならいいかと甘い誘惑にのっかってしまうと崩れるのが早いです。これまでカロリーを抑えていた分、食べるとメッチャ吸収する身体になっていたのです。

順調に痩せましたが、リバウンドも早かったです。

ジョギングでダイエット

2回目のダイエットは「走る」という王道です。走る仲間もできて一緒に練習したり大会に参加したり、走るだけではない楽しみもあって続けられました。

これも順調に痩せて体力もついて、さらに仲間とも盛り上がれる。いいこと尽くしで「もうリバウンドはない」という確信もありました。しかし、落とし穴に見事にはまってしまいました。

それはダイエットという目的を忘れて、記録更新の喜びに目覚めてしまったこと。もっと速くなろう欲を出してキツイ練習したり縄跳びを日課にして取り組んだ結果、膝や足裏を痛めて走れなくなりました。

「今日は痛いから休足日」とか言い訳してるうちに、毎日が休足日になって気づけばリバウンドしていました。

腹ぺこダイエットのやり方

次に取り組んだのが、腹ぺこダイエットです。始めてから6年経過しましたが現在も継続中なので、続けることが簡単だと言えます。

やり方は、1日のうち食べる時間を短くして空腹時間を長くするだけ。基本的に起きてから何も食べずに、おなかがグーグーなりだすのを待ちます。そして昼も軽く済ませ、夕飯を超おいしくいただくだけです。

時間食べるもの
コーヒー1杯
昼・夜加工食品と糖質は少なめにして食べる
腹ぺこダイエット

その他気を付けることは、なるべく加工食品と糖質(玄米は除く)は避けてください。おすすめは納豆とサラダです。

加工食品糖質
レトルト(カレー、パスタソース)白米、パン、麺類
フレーク類(コーンフレーク、グラノーラ)チョコレート、お菓子、ケーキ
ファストフード清涼飲料、ジュース
食べ過ぎないよう控えるもの

腹ぺこダイエットの記録

6年間続けている結果をご紹介します。

最初の10日間での変化

うまく出来ていれば、大きな変化を感じられる期間です。私の場合は次のような変化を感じました。

睡眠時間が短縮朝6時台に自然と目が覚める。目覚まし不要。
頭がスッキリ気分がいい。「食欲をコントロールできてる」というセルフイメージが心地よい。
体重の変化2~3kg減少。お腹周りがスッキリして朝起き上がる時に身体の軽さを感じる。
最初の10日での変化

断続的に続けて4年目

厳密には守ってない時期もありましたが、4年目の体重は72kgとマイナス13kgをキープ。

あまり食べなくてもお腹が空かなくなって、もはや「腹ぺこダイエット」というよりも適切な食生活になった感じ。

サイクリング習慣も身について、食事と運動という王道で健康を維持できてる実感があります。

ヴィーガンになった6年目

2022年からは肉と乳製品を食べないヴィーガンになりました。体重はさらに減って66kg台と、マイナス19kgをキープできています。

ダイエットをする前に

ダイエットをする前に、これまで失敗した原因を見つめなおして準備することが大事です。

途中で投げ出してしまうことが原因だったなら、厳密でなくても続けることを目標に頑張ればいい。空腹に耐えられないなら少し食べればいいのです。

あらかじめ予想される状況(空腹、付き合い、多忙)を想定して対処法を考えておけば、スムーズに対応できます。

リバウンドの原因や身体の消化吸収メカニズムを学ぶこともおすすめです。

食べても太らずに免疫力がつく食事法
ダイエットの参考になる食事法

まとめ

マイナス19kgをキープできている腹ぺこダイエットをご紹介しました。繰り返すリバウンドから「シンプルに食べ過ぎてる」ことにようやく気づきました。

リバウンドを繰り返した私でも続いているので、無理なくできるのではないかと思います。体が軽いと心も軽くなるので、何をするもの気分がよくなります。

タイトルとURLをコピーしました