アルミテープチューンで乗り心地と燃費は変わるのか検証

2016-10-17

「アルミテープで乗り心地UP」と書かれたタイトル画像
アルミテープで乗り心地が変わるのか検証した

9月14日に発見した、トヨタのアルミテープの記事。

アルミテープを車に貼るだけで乗り心地が良くなるとか、マジですか?信じられなかったので、自分で検証してみた。

アルミテープを購入

近所のホームセンターで購入。光沢タイプで10mで500円くらい。あとはハサミがあればいい。

最初に貼り付けたのはハンドルの下。目立たないからお試しには最適。ダメなら剥がせばいい。

アルミテープの画像
購入したアルミテープ

貼り付け方法

まず、アルミテープを画像のような形にカット。どの形状が最適なのかはまだ分からない。

カットしたアルミテープの画像
カットしたアルミテープ

次に、三角部分を裏に折り返して、貼り付け面から表面へと電気が流れるようにした。

伝導性アルミテープだったらそのまま貼るだけで良さそう。

アルミテープを加工している画像
アルミテープの裏を折り返す

画像のようにハンドル下、コラムの奥の方に貼り付けた。ちなみに奥に見えるのは運転席のドアノブ。

アルミテープチューンをハンドルの下に施した画像
ハンドル下に貼り付けた

一つ一つの効果を確認するため、まずはこの状態で試運転。

実験条件

実験車は14年乗ってるゴルフIV。気象条件は、雨、気温18度(エアコン使用せず)。

25kmの周回コースを、

  1. テープなしで1周
  2. テープつけてもう1周

と連続走行して検証。

2割ほど自動車専用道路、残り8割は一般道というコース。

結果

燃費と乗り心地をチェックした。

燃費の変化

貼り付け前貼り付け後
走行距離25km28km
走行時間59分1時間2分
平均速度26km/h27km/h
平均燃費9.8km/l10.2km/l
アルミテープチューンの前後の変化(ハンドル編)

同じコースなのに距離が違うのは、いくつか先の信号で計測したため。
(※一時停止して記録できなかった)

交通状況に大きな変化はない。平均速度は2周目が若干速かった。

結果、燃費は0.4km/l(4%)の向上したが、車速が3.8%速いのでその影響かと思う。何とも言えない微妙な数値だった。

乗り味の変化

乗り味には大きな変化があった。

  • 高級感が増した:ドタバタ感が減ったように思う。車内が落ち着いている?
  • 静粛性アップ【1】:ウインカー音が大きく感じた
  • 静粛性アップ【2】:エンジンが遠くにある感じ
  • ハンドリング:素直になった?

と感じた。

2周目の方が雨が強かったにも関わらず、ウインカーの音が大きく聞こえた。

交差点も曲がりやすくて静かで車格が上がった感じ。走りながら「いい車だな~~!」ってニヤニヤ。

車種によって感じ方は違うでしょうが、気になる方は是非お試しください。500円で出来るから。

まとめ

トヨタの記事が本当なのか確かめたくて、自分の車にアルミテープを貼ってみました。燃費は微妙ですが、静粛性がアップし交差点も曲がりやすく感じました。

次の記事はこちらです。

Posted by 無限ゼロ