車内のニオイ対策!エアコンフィルター交換で燃費もアップ?!

2017-05-19

BOSCHのエアコンフィルター

エアコンを久しぶりに使うことになるこの季節、気になるのはニオイ。除菌&消臭グッズもありますが、オススメは古いカビやホコリのついたフィルターを交換するという根本対策!

というわけでフィルター交換レポートをお届けします。

GOLF4(1JAPK)のエアコンフィルターは?

GOLF4に適合するエアコンフィルターは、BOSCH社の場合は「キャビンフィルタープレミアム アウディ/VWCFPR-VW-5」という商品になります。カー用品店では品切れでしたのでアマゾンで購入しました。

標準グレードにウイルス抗菌が施された仕様なのに、標準グレードよりも安かった。

エアコンフィルターの箱の裏の説明を撮影した画像
箱裏の説明書き

推奨交換時期は1年、もしくは1万キロ走行後。消耗品と割り切って定期的に交換する必要がある。

箱を開けると製品と説明書が。カー用品店にて購入したエアフィルターのときには説明書がなかったのですが今回はありました。手順も再確認できてひと安心。

エアコンフィルターを開封して中身を紹介している画像
説明書が同封されていた

BOSCH社のエアコンフィルターであれば、BOSCH社HP内の適合品チェックページにて適合商品、取り付け方法など簡単に確認できます。

エアコンフィルターの交換方法

エアコンフィルターの交換手順が書かれた説明書の画像
同封されていた説明書

エアコンフィルターの交換手順は、同封の説明書に記載されていました。

  1. ボンネットを開ける
  2. 右ハンドルなら車体左前方のカバーを開ける
  3. フィルターを引き出す
  4. 新しいフィルターをセットしてカバーを戻す

カバーを開ける際には、「開けようと強引に引っ張るのではなく、ツメを丁寧に解除する」こと。年代物なので、正しい手順で行っていてもプラスチックの劣化によってパーツが割れやすいので要注意です。

って、自分で言ってやっちまいました・・・

エアコンフィルターを設置した画像
右ねじ部を破損した

同じ過ちをされないよう、くれぐれもご注意を。

黄色いほうが古いエアコンフィルターです。枯れ葉、虫など挟まっていました。

新しいエアコンフィルターと古いエアコンフィルターを並べた画像
虫とか枯葉とか・・・

この後、元通りにネジ止めして、ゴムを付けたら完了。一番厄介なポイントは、フタを差し込む時。右手ボディ内側に何らかのセンサーがありそれを壊さないようにすること、奥にあるパーツの下をくぐらせてからセットしないと入らないこと、この2つ。

フタをする前にしっかりと中を覗き込んで、センサーの位置、奥の出っ張りパーツの状況を確認してから挿入すると簡単にフタをすることができます。

エアコンフィルターを交換したらエンジンが静かに

エアフィルター交換後の画像
交換完了!

エアコンフィルターを交換したら、エンジン音が静かになりました。効率がよくなったことで電気使用量が減り、エンジンの負担が軽減されたのかもしれません。

古い車ですが、手をかけるほどに愛着が湧いてきます。

エアコンフィルター交換で燃費アップ?

さて、DIYをしたら恒例の燃費チェック。今回は往路はいつもの首都高速道路、復路は渋滞を避けるために湾岸線にて検証しました。

ちなみに今までの記録は次の通り。

往路(渋滞有)復路
走行距離48km44km
走行時間1時間1分42分
平均速度47km/h63km/h
平均燃費14.2km/l15.9km/l
これまでの記録

そして今回、エアコンフィルター交換後の燃費は、

往路復路
走行距離48km54km
走行時間49分48分
平均速度58km/h67km/h
平均燃費16.2km/l16.4km/l
今回の記録

とエアコン使用にもかかわらずに16km/l台を連発。エアコン使用しない冬場の計測が楽しみになりました。

往路は15km走ったあたりから急にアクセルが軽くなり、燃費が伸びそうな手応えがありました。バッテリーの充電状態がよくなった?もしこの推察が正しければ、エアコンフィルター交換のメリットは大きい。

復路は、制限速度が80km/hの湾岸線の左車線を走行。静粛性アップした車内、走りやすい道路で快適ドライブでした。クルマが調子いいと幸せ。遠出したくなる!

実験条件はいつもと同じで、計測前にスタンドに寄ってガソリン満タン&タイヤ空気圧2.5としています。

まとめ

前回のエアフィルター交換、今回エアコンフィルターの交換で車内も爽やかになり燃費もアップ。やっぱりクルマはきちんとメンテナンスすれば、本来の性能を発揮してくれます。

新しいものはもちろん素晴らしいですが、今ある物を大切に使う良さもDIYを通じて感じました。

Posted by 無限ゼロ